自殺願望があるあなたへ。生き辛さを乗り越える7つの名言

自殺願望があるあなたへ。生き辛さを乗り越える7つの名言

人は誰でもすべてが嫌になってしまうことがあります。こんな思いをするなら、いっそ死んでしまったらという自殺願望が出てくることもあります。仕事も上手くいかない、家庭も上手くいかない、友達もいないなど気持ちが塞がってしまうことがよくあります。すべてのことが八方塞がりになってしまって、手も足も出ない思いをすることがありますね。

そういう時、相談する人もいなくて、人に相談しても分かってもらえない時もあります。でも、ちょっと待って下さい。自殺願望があるあなたに、生き辛さを乗り越える名言があります。自殺願望があるということは、一生懸命生きたいということの表れでもあります。

本当はそうですよね。生き辛くなって、気持ちが塞がってしまっても自殺願望は起こさないで下さい。きっと気持ちが前向きになる言葉があります。その言葉を胸に置いて、もう少し前進してみて下さい。それでは、自殺願望があるあなたに送りたい、生き辛さを乗り越える名言をお伝えします。



 

自殺願望があるあなたへ。
生き辛さを乗り越える7つの名言

 

数学者バートランド・ラッセルの言葉を思い出そう


自殺願望のある人は、イギリスの論理学者、数学者であるバートランド・ラッセルの言葉を読んでみましょう。

「野原を通ってニューサウスゲートへ続く道があった。そこで私は一人で夕日を眺め、自殺について考えたものだ。も結局、自殺はしなかった。もっと数学について知りたいと思ったから。」

というバートランド・ラッセルの言葉があります。あなたも何か知りたいこととか、好奇心のあることはありませんか。それをする為に生まれてきたのです。好奇心のある分野のことをとことん極めてみるのも一つの手です。

 

第28代アメリカ大統領トーマス・ウッドロウ・ウィルソンの言葉を思い出そう


仕事で行き詰った時などに自殺願望が芽生えた人は、元アメリカの大統領のトーマス・ウッドロウ・ウィルソンの言葉を心に置きましょう。

「次の心得を守れば、十中八九、誰でも成功する。自信を持つこと。そして、仕事に全力を尽くすことだ。」

という言葉を残しています。人間は全力を尽くしているようで、まだ力は残っています。自分に自信を持って、仕事に全力を尽くすと新たな道が開けて、自殺願望も消えてしまうでしょう。

 

貧しき人々の為に一生を捧げたマザー・テレサの言葉を思い出そう


誰からも愛されず、理解されていないと思い自殺願望が湧く時は、貧しき人々に尽くしたマザー・テレサの言葉を思い浮かべましょう。

「愛されることより、愛することを。理解されることより、理解することを大切にしなさい。」

という言葉があります。人は他人に理解されていないと思い辛くなったり、自殺願望が湧いてきたりします。誰からも愛されていないのではと不安になる時もあります。そういう時は自分から周囲の人を愛し、理解するようにしていくと状況も良くなってくるでしょう。

 

日本の経営者松下幸之助さんの言葉を思い出そう


自分の道が分からなくなって自殺願望が芽生えた人は、日本の経営者松下幸之助の言葉を胸に刻みましょう。

「自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。」

という言葉を残しています。人間にはその人に与えられた道があります。自分だけに与えられた道をもう少し歩んでみたら、いつの間にか尊い道になっているかもしれません。

 

イギリスの劇作家シェイクスピアの言葉を思い出そう


深く悩んでいて自殺願望がある人は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの言葉を思い浮かべましょう。

「他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷は癒されなくても、気は楽になる。」

という言葉があります。古今東西、人間の悩みはほとんど同じで、変わってはいないでしょう。他の人も同じ悩みで悩んでいると思えば、少しは気が楽になって自殺願望も湧かなくなります。人間はみんな悩んでいるので、例えその傷が癒されなくても、誰しも悩みを抱えながら生きているということです。

 

アメリカのアニメーター、ウォルト・ディズニーの言葉を思い出そう


何をしても心配が取れなくて自殺願望がある人は、アメリカのアニメーター、ウォルト・ディズニーの言葉を心に刻みましょう。

「あなたがやれる最善を尽くしたなら、心配したって事態は良くならない。私もいろいろなことを心配するが、ダムからあふれる水までは心配しない。」

と述べています。心配し過ぎは良くないということですね。最善を尽くしたなら、それ以上考え込まないことが大切です。自分ができる範囲のことをしたなら、それ以上の心配はしない方が良いでしょう。

 

インド独立運動の指導者マハトマ・ガンジーの言葉を思い出そう


自分だけどうして不幸なのかと思って自殺願望が起きた時は、インド独立運動の指導者マハトマ・ガンジーの言葉を読んでみましょう。

「不幸は私たちに与えられた試練である。この試練を乗り越えた時、すべてはきっと好転する。そう信じて、辛抱強く耐え抜こう。耐え抜いた時、あなたはとてつもない力を手にしていることだろう。」

という言葉を残しています。自分の不幸さを嘆くより、試練を乗り越えたらすべては好転することを信じましょう。耐え抜いたら自分自身も成長しているし、きっと良いことがあります。

 

いかがでしたでしょうか。

自殺願望がある人へ送る、生き辛さを乗り越える7つの名言をお伝えしました。いろいろなことが重なって、辛い時は本当に辛いですね。しかし、世界の偉人たちもいろいろなことで悩んで乗り越えてきました。最初から立派な人ではなかったということです。自殺願望は決して起こさないで下さい。

いかなる理由があろうとも自殺はしてはいけません。今は辛い時かもしれませんが、きっと良い時が来ます。あなたが羨ましく見える幸せそうな人も、みんな何かに悩んでいます。難しい問題で、なかなか解決できないこともたくさんありますが、悪い方に考えないで下さい。

世界の偉人たちの名言が心に響いて、前向きな気持ちが湧いてくることを祈っています。明るく前向きな気持ちを持つようにして、少しずつでもいいので自分なりの前進をしてみて下さい。

 

まとめ

自殺願望があるあなたへ生き辛さを乗り越える7つの名言とは

・バートランド・ラッセルの言葉を読んで、好奇心のあることに打ち込んでみましょう
・トーマス・ウッドロウ・ウィルソンの言葉を心に置いて、自信を持って仕事に全力を尽くしてみましょう
・マザー・テレサの言葉を思い浮かべて、自分から周囲の人を愛して、理解するようにしましょう
・松下幸之助さんの言葉を胸に刻み、自分に与えられた尊い道を歩いてみましょう
・シェイクスピアの言葉を思い浮かべ、他人も同じ悩みで悩んでいることを知りましょう
・ウォルト・ディズニーの言葉を心に刻み、心配し過ぎないようにしましょう
・マハトマ・ガンジーの言葉を読んで、試練を乗り越えた時、すべてが好転することを信じましょう

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。