探す夢を見た後に気をつけてほしい5つの事

探す夢を見た後に気をつけてほしい5つの事
探す夢は様々な意味を持っています。夢で何かを探すという事は、自分が今手にしていない何かを探し求めているという事ですが、その探す対象が何かによって、その夢が示す意味あいは大きく変わってきます。人は自分が何を欲しているかわかっているようで実は意外にもわかっていないことがあります。

例えば、なんでかわからないけれど、何となく寂しい時や何かが物足りないと感じるときってありますよね。このような時には、自分では自覚していなくても、特定のモノや存在を欲している状態にある可能性がある言えます。この何かわからないけれど欲しているという状態が「探す夢」となるのです。

欲求不満は蓄積すると精神に悪い影響を及ぼしますから、自分で把握できていない自分の姿や欲求を知ろうということは大切です。そこで、探す夢を見た後に気を付けるべきことを探す物の対象に分けて5つお伝えします。



 

探す夢を見た後に
気をつけてほしい5つの事

 

何かを探す夢


夢の中で、何かわからないけれど必死になって何かを探しているという夢を見たら、起きた後もソワソワして気持ちが落ち着きませんよね。このように、何かわからないけれど何かを探す夢というのは、自分に足りない何かを必死に模索している状況と言えます。

このような夢を見るという事は、何か強い願望や激しい感情が自分の心の奥深くに潜んでいる可能性があります。これが顕在化されていないという事は、願望や感情を自身で押し殺しているという事です。理性が先行して本当にやりたいことや欲しいことを我慢しているのかもしれません。

自分が自分で抑えている願望や欲求は何なのか、一度見つめなしてみるべきです。

 

オアシスを探す夢


広い砂漠でオアシスを必死になって探す夢を見たら、身体的、もしくは精神的に疲労が蓄積されている状態と言えます。オアシスは生命の危機的状況を救う物を示しています。ですから、オアシスを探しているという事は、蓄積された疲労を回復させたいと思っているという事になるのです。

しかし、夢に見るまでに疲労が蓄積されているという事は、身体的、精神的には限界に近付いているともいえます。自覚症状がない場合には、そのまま倒れたり、病気になる恐れもありますから、オアシスを探す夢を見たら、早めに自分を労わってあげるべきです。

 

大事なものを探す夢


無くしてしまった大事な物を探す夢が示すことは、自分が本来持っていた大切なものを探しているということです。具体的には、かつて持っていた誠実さや正義感など、理性で考えれば持っていなければいけないと思うものの、日々の生活の中で気持ちが荒んで失くしかけているものです。

ですから、自分にとって大事なものを必死で探している夢を見たら、初心に立ち返ってみることをおすすめします。社会人になって数年たつ人は、会社を志望した時に抱いていた夢や目標をもう一度思い返してみることが大切です。

また、結婚して数年たつ人ならば、配偶者に対する気持ちを見つめ直して新婚の時と比較して相手を思いやる気持ちが欠けていないか見つめなおすことをおすすめします。

 

大切な人を探す夢


夢の中で恋人や配偶者を探す夢を見たら、起きた時に相手がいなくなっているのではないかと不安になりますよね。しかし、自分にとって大切な人がいなくなって探す夢は、予知夢というわけではありません。大切な人を探す夢が示しているものは、相手に対して不安な気持ちを抱いている証拠なのです。

例えば、相手が何を考えているのかわからないとか、自分に隠し事をしているのではないかと不安になっている時に、相手の真の姿や考えていることを掴みたいという強い感情が夢に現れるのです。

このような状況が続くと、相手への不安がだんだん不信感に変わってしまう可能性がありますから、お互いに不安を払拭できるよう、心のうちを見せて話し合い、理解しあおうとする姿勢が必要です。

 

自宅を探す夢


外出先から帰る家が見つからずに焦りながら自宅を探す夢を見るという事は、自分が安心できる場所がなく、不安を感じているという事を示しています。安心できる場所というのは、必ずしも物理的な建物、自宅とは限りません。精神的なよりどころを指していることが多くあります。

例えば、仕事で精神的に疲れてストレスが溜まっている時に、愚痴を言えるような信頼できる人がいないというような状態を示しているのです。自分は一人で生きていくんだと思っている人もいるかもしれませんが、人間は弱い生き物ですから一人では生きていけません。

悩んだり、傷ついた時に慰めてくれたり、黙ってそばについていてくれるような存在は必要なのです。強がっていないで、自分が心から安らげる場所や存在を作るべきです。

 

如何でしたでしょうか。探す夢は、何を探しているかによってその夢が示す意味あいが異なってくるとはいえ、自分にとって本来必要なもの、強く欲しているものが不足している状態ということは共通して言えます。人は、欲求が満たされている時や自分の意向通りに物事が進んでいる時は精神的に安定しています。

しかし、自分の欲求が満たされなかったり、思うように物事が進まない状態が続くと、ストレスが溜まって精神的、身体的に支障をきたす恐れがあります。ですから、何かを探す夢を見たら、自分が今欲しているものは何なのかを夢から推察して適切に対処した方がよいのです。

理性が強い人ほど、自分の本来の意志とは裏腹に、欲望に蓋をして自分で押さえつけている傾向にあります。理性を持つことは大切なことですが、探す夢を見てしまったら、その押さえつけが限界に到達しつつある可能性がありますから、素直に自分自身を見つめなおすことが大切です。

まとめ

探す夢が示すことと注意すべきこととは

・何かわからないが探している夢は自分を見つめ直す時
・砂漠でオアシスを探していたら休養が必要ということ
・大事なものを探すという事は誠実さが欠けている証拠
・恋人や配偶者を探していたら互いを理解することが大事
・帰る家を探していたら安心できる場所を作るべき

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は星座で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は星座から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。