崖から落ちる夢が意味するあなたの深層心理とは

崖から落ちる夢が意味するあなたの深層心理とは
「崖から落ちる夢を見て、びっくりして飛び起きてしまった!」なんて経験、ありますよね。高い崖から落ちるなんて、夢の中でもとても怖いもの。落ちていく最中に目が覚めたり、場合によっては地面に落ちた衝撃で起きてしまうこともあります。いずれも気持ちの良いものではありませんね。

実は、そんな「崖から落ちる夢」にはあなたの心の奥底に隠された本当の気持ちが隠されています。崖から落ちる夢を見たときは、あなたの心がSOSを出しているのかも?そこで今回は、崖から落ちる夢が教えてくれるあなたの深層心理をお伝えします。

自分から落ちた、足を滑らせたなど、どんなシチュエーションで崖から落ちたのかによって夢の持つ意味が変わってきます。自分の見た夢を忘れないうちに、あなたの本当の気持ちを見つけてくださいね!それでは、崖から落ちる夢を見たときのあなたの深層心理を読み解いていきましょう。



 

崖から落ちる夢が意味する
あなたの深層心理とは

 

足を滑らせて落ちたなら、何かを失ってしまうのを恐れている


高い崖から落ちる夢の中でも、「自分が足を滑らせてしまった」場合は、今、あなたが何かを失うことを恐れていることを意味します。失いたくないものは人それぞれ。最近距離を感じる恋人かもしれませんし、やっと得た職場での役職、仲間内での立ち位置かもしれません。あなたはきっと今、心の奥に不安な気持ちを抱えています。

不安な気持ちが強く恐れているときは、何をやっても本来の力を発揮できないことが多いものです。まずは自分を信じて、今の自分の姿を認めてみましょう。あなたは、そこにいるべき人だからこそ選ばれて、今それを手にしているのです。自信を持って良いのです。

不安に思うより、自分にそれを与えてくれた周りの人たちに感謝の気持ちを持って接してください。きっと気持ちも落ち着いて、自分の持つ力をしっかり発揮できるようになりますよ。

 

崖から落ちて死んでしまったら、あなたは疲れ切っている


崖から落ちて、死んでしまった…とても悲しい結末ですが、崖から落ちる夢はこんな結末を迎えることもあります。死んでしまった夢は、あなたの心と体がとても疲れていることを意味します

毎日色々なことに追われ、心休まる時間がないなと感じていませんか?振り返ってみてすぐに原因が分かるのであれば、一度そのことへの関わり方を見直してみる必要があります。仕事など、自分の力だけですぐに解決できないこともあるかもしれません。しかし、心の声を無視し続けると、取り返しのつかなくなる場合もあるのです。

崖から落ちる夢、しかもその結末で自分が死んでしまう夢を見たなら、一度立ち止まって自分の疲れの原因を考えてみましょう。

 

崖から飛び降りた場合は、今の決断に自信を持っている


自ら「飛び降りた」夢は、あなたが自分自身の決断に自信を持っていることを意味します。その決断は人生をかけるほど大きなものかもしれないし、日常のちょっとしたことかもしれません。あなたは最近、何かを決断しませんでしたか?

決断するときは、どうしても不安が付きまといます。あなたももしかしたら、そんな不安を感じているかもしれません。しかし、この夢を見たなら、心の底では「これで間違っていなかった!」と自分を信じることが出来ているのです。表面上の不安を打ち消して、精一杯の力で自分の未来を切り開いてください。崖から落ちる夢は「恐怖」ばかりに目がいきがちですが、あなたの背中を押してくれる場合もあるのです。

 

崖から暗いところへ落ちたなら、あなたは後悔している


崖から落ちる夢では、どこへ落ちたかは人それぞれです。下が見えている場合もあれば、真っ暗で何も見えないところへ落ちる場合もあります。暗いところに落ちていく夢を見たなら、あなたは今、何かに後悔しているのかもしれません。また、落ちる場所が暗ければ暗いほど後悔は大きいと考えて良いでしょう。

その後悔が、今でも修復可能なことであるなら、是非これを機に動き出してみてください。人間関係で、まだその人と会えるのであれば、勇気を出して気持ちを伝えるのも良いですね。逆にもうどうしようもないことであるなら、その辛い気持ちからしっかり学び、同じことを繰り返さないよう努力していきましょう。

完全に解決できなくても、一歩踏み出せたという経験はあなたの心を強くします。「後悔」ではなく「経験」として、捉え方を変えられるはずですよ。

 

崖から落ちる夢は、そのシーンやシチュエーションによって全く別の意味を持ちます。しかし、どんなシチュエーションでもあなたの変化や思いを現していますので、しっかり思い出して分析してみましょう。

何度も繰り返し崖から落ちる夢を見る場合は、よほどその思いが強いのかもしれません。これをきっかけに一歩踏み出してみれば、状況はあなたが思うよりも良い方向に向かうこともあります。崖から落ちる夢を見たということは、自分にとってその事柄を真面目に考えるタイミングであると前向きに捉えて、積極的に行動してみましょう。

同じ事柄でも、捉え方によって良くも悪くも変化するものです。崖から落ちる夢で見つけた自分の本当の気持ちとしっかり向き合い、これからの未来を明るく照らしていきましょう。

 

まとめ

崖から落ちる夢が教えてくれることは

・足を滑らせて落ちてしまったなら、あなたは何かを失うことを恐れているのかもしれません。失いたくない大切なものを与えてくれた周りの人に感謝をし、自分に自信を持ってください。
・崖から落ちて死んでしまった場合は、心身共に疲れ切っています。原因が分かる場合は、その原因との付き合い方を見直してみる必要があります。
・崖から自ら飛び降りる夢は、今の決断に自信を持っている気持ちの現れです。表面的な不安は打消し、自分を信じて進みましょう。
・暗いところへ落ちたなら、何かを後悔しているのかもしれません。その後悔は、もう解決できないことですか?後悔の原因を探ってみましょう。
・崖から落ちる夢を見たら、自分の本当の気持ちとしっかり向き合うことが大切です。まず一歩踏み出す勇気を持ち、明るい未来を手に入れましょう。

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。