火事の夢を見たあとに実際に起こった7つの出来事

火事の夢を見たあとに実際に起こった7つの出来事
夢に出てきた物や人や状況などから、その人の願望や未来を予測する「夢占い」。今日はそんな中でも、ちょっと気になる「火事の夢」を見たあとに実際に起こった出来事を、解説を交えながら紹介します。ではご覧ください。



 

火事の夢を見たあとに実際に起こった7つの出来事

 

給料がアップ


夫の給料がガクッと下がってしまい、先行き不安だったAさんがこんな夢を見ました。
「パッとベランダから外を見ると、ちょっと向こうの方の木々が赤々と燃えていて、その火の粉がベランダの木にも飛んできて、メラメラ燃えてしまう、という夢でした。
消さなくちゃ! と思ったのですが、近くにホースがなくて消せなかった、というところまで覚えています。」
この夢を見た次の日、ご主人が帰るやいなや、「ママ、給料が上がった」と報告。

よその木から火が飛んできて、ということですので、結構勢いが強い炎であると解釈できるそうです。一般的に火事は幸運を表し、炎の勢いが強いほど結果も大きくなりますので、このケースではそれなりの幸運を表します。

 

宝くじ当選(小額版)


火事の夢(具体的な内容はわかりませんでしたが)を見たその日が、オータムジャンボ宝くじの発売日であったBさん。どうやら「火事の夢」が幸運を表すことを知っていたらしく、発売したてのオータムジャンボを買ってみたそうです。
するとなんと当選!
額は・・・3000円でした。
でもBさんのご主人は元が取れたと喜んでいたそうです。

この場合も火事が幸運のサインとなっていたようですね。真相はわかりませんが、きっと当たった額から見た限りでは、きっと夢の中の火事の勢いは小さかったのでしょう。
「その1」で紹介した話もそうでしたが、「幸せ」は「お金」という形で現れやすいのかもしれませんね。火事の夢をみたら、ちょっとした収入を期待してもいいかも。

 

宝くじ当選(大当たり版)


急に、火事の夢を何度も見始めたCさん。Cさんはそれを受けて「火の元に気を付けよう」と気を引き締めたそうですが、奥さんは「宝くじが当たるんじゃない?」と気楽に構えていたとのこと。そして、奥さんの予感通り、1等の前後賞2500万円を当ててしまったそうです。

今度も宝くじの例ですが、この場合は大当たり!何回も同じ夢を見るというのは、夢の中の効果が強まると考えていいでしょう。つまり、この場合には、火事の夢を何度も見ることによって、火事の「幸せ」という意味が強まった結果、こうなったということです。

 

欲求も表す火事の夢


火事の夢をみて、それが気になり夢診断をしてもらったDさん。その時には、やはり「幸運」を表すと診断してもらったのですが、どうもその後精神的に辛いことが続いたそうです。
Dさんはその後知恵袋に質問をし、回答を見て自分の火事の夢は「欲求」を表していたということで納得したようです。

この場合は上にも書いてありますように「欲求」を表していたのでしょう。それが満たさなければ、当然悶々とした日々を送ることとなり、ストレスが溜まります。炎自体は、「激しい感情」も表しますので、単純に「火事」=「幸せ」と解釈するのは危険かもしれませんね。正しい解釈をするためには、夢の詳しい内容が必要なので、印象的な夢を見たときは、すぐにメモをする、などの習慣をつけるとよいでしょう。

 

夢占いは外れることもある


「私の住んでいるアパートは、結構広めの敷地に同じ建物が3棟あるのだが、その一棟が火事になる夢を見た。最近気になる桐谷健太が、何故か我が家に遊びに来て「オレそろそろ帰るわ~」と彼が家を出て行った瞬間、我が家に一番近い右端から(ここには実際にボヤ騒ぎがありプロパンガスが置いてある)一気に火が上がり骨組だけの建物になってしまうという凄い夢で目が覚めた。」
こんな夢をみたEさん。その1年半後頃から、一番良く燃え上がった家の奥さんと子供を見かけなくなったそうです。聞くわけにもいかず、火事がいいことだけを表すわけではないことを思い知らされたEさんでした。

夢占いは外れることもある、という例。この夢の内容を見る限りでは、すごい勢いで炎が上がっているから、とんでもない幸運が訪れる、と解釈できるはずなのですが・・・。
占いというのはあくまで自分の人生を手助けしてくれるもの。占いを盲信し、占いに寄りかかって生きてしまうと、とんでもない目にあってしまいます。「○○の夢を見たから、絶対に△△が起きる」などと、決めつけないことが大事ということですね。

 

おめでたという幸せ


子供を作ろうと努力していたFさんがこういった夢を見たそうです。
「火事の中、保育園かどこかにいるのかな?沢山の子供たちをまとめて他の大人はなにもやらないことに怒りを覚えて、「鼻と口塞がないとみんな煙で死ぬよ!」と言いながら私は消火器で火を消す夢を見た。」
ネットで火事の夢は吉兆だと知り、まさかと思って調べてみたところ、妊娠していたそうです。

まさに火事の夢が「幸せ」を表すわかりやすい例ですね。ただ、火を消す夢というのは、一般的に凶夢である場合が多いので、気をつける必要があります。この場合には、子供に囲まれることも夢占いでは「幸せ」を表しますので、それが合わさった結果、妊娠という幸運が舞い込んだと解釈できます。他の物も出てきた場合には、それが表す意味も考えるのが重要です。

 

予知夢という可能性


火事の夢を見たGさん。
「部屋の中がぼやっぽくなっていたので、必死で消火活動をしました。
それでやっと火が消えたところで消防車が何台かきました。
近所の方が気を利かせて呼んでくれたんだわ!と思い「ありがとうございます。火は消えました!」って言ったら、「何言ってるの。まだ外はいっぱい燃えてるよ!」って言われてみると、外壁が燃えてました」
その3日後に、実際に近所で火事があったそうです。

自分の夢がそのまま現実で起きる、まさに「予知夢」。動物には、五感以外のところでものを感じ取る能力があるそうです。吉兆だと浮かれて、現実で家事を起こさないようにするのも大切ですね。

 

いかがでしょう、夢占いは多くのことを教えてくれます。その際に、他人の経験談を参考にするのは、とてもためになりますよね。今はネットや本で夢占いについて簡単に調べられますので、ぜひ、活用してみてください!この記事を読んで、少しでも夢占いについての造詣が深まって頂ければ、幸いです。

まとめ

火事の夢を見たあとに実際に起こった7つの出来事
・給料がアップ
・宝くじ当選(小額版)
・宝くじ当選(大当たり版)
・欲求も表す火事の夢
・夢占いは外れることもある
・おめでたという幸せ
・予知夢という可能性

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。