怖い夢の意味とは?!見るときに共通する5つの心境

怖い夢の意味とは?!見るときに共通する5つの心境
夢には必ず意味があります。私たちは普段夢を何気なく見ており、夢の内容についてあまり深く考えないものですが、実はその中にはとても大切なメッセージやアドバイスが隠されているのです。

その傾向は特に怖い夢において非常に顕著だとされています。何の前触れもなしに、幽霊や殺人、事故、テロなど恐怖をあおるような内容の夢を見るのにはやはり原因があるのです。

そのため、恐ろしい夢を見てしまったときに無理に忘れようとするのではなく、なぜその夢を見たのかを冷静に分析することにより、自分が今置かれている状況についてより良く理解することができるでしょう。このステップは健康的な生活を送るためには必要不可欠です。

この記事では、皆さんが怖い夢を見たときの意味とその心理状態をひも解くお手伝いをいたします。ぜひ、いざというときに心と体をいたわる参考にしてみてください。



 

怖い夢の意味とは?!
見るときに共通する5つの心境

 

疲れている


怖い夢の意味として最も多く語られるものの一つに「疲労」があります。心身ともに疲れ切っているとその情報は潜在意識にも送られるからです。結果として潜在意識に送られたネガティブな疲れのイメージが夢に投影され、恐ろしい夢を見ることになります。

そのため、恐ろしい夢を見たときには一度立ち止まり、無理をしていないか自問自答してみましょう。仕事や勉強に力を注ぎ過ぎてはいませんか?あるいは、そろそろ休みが必要だという意味なのかもしれません。

がむしゃらに頑張ることも大切ですが、心身を適度に休ませないのはNGです。せっかくの努力が報われなくなることもあり、効率的とは言えません。心当たりがある場合は直ちに休憩をとり、再び頑張るための準備をしましょう。

 

ストレスがたまっている


怖い夢を見る意味の一つに「疲れ」が考えられていますが、その疲れが精神的な方向に圧倒的に傾いている場合、「ストレス」もその原因となっていることがあります。身体的な疲弊は感じないけれど心がどこか緊張していたり沈んでいたりしたら、ストレスが思い当たるでしょう。

「たかがストレスなんて」と思われるかもしれませんが、ストレスはゆっくりと心身をむしばんでいくものです。放置していくと取り返しのつかない健康被害にさいなまれることは少なくありません。

恐ろしげな夢はストレスからくる心身の不調を告げてくれているものです。ぜひその夢の意味を受け取り、心に病んでいるものがないか調べてみましょう。仕事や勉強、人間関係にヒントが隠されていることが多いです。

 

コンプレックスを抱えている


自分の弱点や短所に対しコンプレックスを抱えて自分を責めているときには恐ろしい夢を見やすくなります。自己批判をすればするほどネガティブな情報が潜在意識に送られるためです。

とはいえ、あまりに自己嫌悪を進めてはコンプレックスを解消するどころか悪化させてしまうことは少なくありません。コンプレックスを治すためには自分をまず認め、許してあげることも必要なのです。

ぜひこの機会に夢が伝える意味を汲み取り、自分の心を解放してあげてください。

 

姿勢が悪い


上に挙げたとおり、ぞっとするほど恐ろしい夢の意味には疲れやストレス、コンプレックスと言った心の不健康を告げるものが多いですよね。でも、中には盲点だったと思わせるようなほんの些細なことが怖い夢を見る原因になっていることもあるのです。

そのうちの一つが、「寝ているときの姿勢」です。寝相は人さまざまですが、自分にとってあまりにも不快で不自然な姿勢で寝ており、体の一部がしびれていたりするときにも怖い夢は見やすいと言われています。

それだけだったら大したことはないと思われがちですが、あまりに寝相が悪いとベッドから転落して怪我をしたり、寝違えたりすることも少なくありません。安眠を確保するためにも寝相を見直してみましょう。

 

食べ過ぎに注意


「姿勢が悪い」と同様、怖い夢が伝える意味として盲点なのが「食べ過ぎ」です。例えば、暴飲暴食をした後そのまま就寝したりお昼寝をしたりすると、おぞましい夢を見ることが多くありませんか?

実は、暴飲暴食と夢の間には大きな関わりがあります。調子に乗って食べ過ぎると消化器官に大きな負担がかかることは良く知られていますが、そのまま眠るとそのストレスが脳にまで伝達されてしまうためです。結果として怖い夢を見ることにつながります。

特に炭水化物の食べ過ぎには注意をしましょう。暴飲暴食をした直後に寝るのを避けるか、消火促進剤を飲むようにするのがおすすめです。

 

以上、怖い夢が伝えてくれる意味やアドバイスの5つです。

基本的には、このような恐ろしい夢は私たちの体や心の健康が脅かされているという意味を伝えてくれています。疲れていたりストレスを感じていたり、あるいはコンプレックスに悩んでいたりすると、脳が危険信号を感じて夢に投影するのです。

そのため、夢からは心身の不調について多くの意味を読み取ることができます。自分の心や体が悲鳴を上げていないか確かめるためのヒントとして使ってみましょう。

また、「寝相が悪い」、「食べ過ぎている」といった意味を伝えているときもあります。いずれにせよ、メンタルバランスを含む生活習慣について警告とアドバイスを与えてくれていることに変わりはありません。うまく活用し、より充実した日々を送りましょう!

 

まとめ

【必見】怖い夢の意味には、心理状態のヒントがたくさん!

・怖い夢を見たときは疲れている?
・ストレスがたまると怖い夢を見やすい
・怖い夢から得るコンプレックス解消のヒント
・寝相が悪いと不快な夢を見やすい?
・嫌な夢を見たくなかったらまずは暴飲暴食を控えよう

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。