ミサンガに文字を綺麗に編み込む!誰でも出来る7つの工夫

ミサンガに文字を綺麗に編み込む!誰でも出来る7つの工夫
切れた時に願い事が叶うというジンクスで人気のミサンガ。その多彩なデザインや自分で手作りできることなども魅力で、オリジナルのミサンガを手作りしたいと思ったり実際に手作りしてみたりしたことのある方も多いのではないでしょうか。そんなミサンガの中でも特に凝ったデザインとして印象深い、文字入りのミサンガ。チーム名や名前入りのミサンガを見ると少し憧れてしまいますよね。今回は、そんな作ってみたいけど難しそうなミサンガに文字を綺麗に編み込む!誰でも出来る7つの工夫についてについて紹介していきます。



 

ミサンガに文字を綺麗に編み込む!
誰でも出来る7つの工夫

 


その1:デザイン画をしっかり作る


文字入りミサンガはワンパターンではない複雑な模様なので、作り始める前にデザインをしっかり固めておかないと不格好になってしまったりバランスがおかしくなってしまったり・・・と悲しい思いをすることになってしまいます。デザイン画の作り方ですが、方眼紙などを使って一マスを編み目ひとつと考えて塗りつぶすようにデザインしていきましょう。パソコンがあるなら、ドット柄作成ツールなどを使うと楽にデザインできます。また、どのように文字を作ったらいいのかわからなかったり、うまく文字のバランスが取れない方はネット上にあるドット絵風の文字フォントなどを参考にするといいかもしれません。

 


その2: 作る前に必ず少し簡単な作品で練習する


確かに文字入りミサンガはかっこいいのですが、それだけ難易度も高くなっています。いきなり文字入りミサンガに挑戦するのではなく、必ずもう少し簡単なミサンガで練習しコツを掴んでから作成するようにしましょう。まずは細めのミサンガから作り始め、ほかにも斜め編みやV字編み、ハート編みとステップアップするように様々なミサンガで経験を積んでおきましょう。文字入りミサンガは模様が複雑な分腕前がハッキリ出てしまいます。十分な実力を付けてから作った文字入りミサンガの出来栄えには感動できるはずですよ。

 


その3:結ぶ部分との間は固定しながら編む


文字入りミサンガはどうしても幅が広くなってしまうので、手首などに結ぶため三つ編みにしてある部分との境目がどうしても汚くなってしまいがちです。このようになることを避けるために、三つ編みの部分が編み終わったらクリップで固定するようにしましょう。クリップが無いときにはセロハンテープでも代用できますが、セロハンテープをはがすときに引っ張られて毛羽立ったり崩れてしまったりすることがある為丁寧に剥がしましょう。

 


その4:軸糸をピンと伸ばしながら編む


文字入りのミサンガは歪みが見た目にはっきり表れてしまうので、なるべくまっすぐに編みたいですよね。その為に、軸糸の張り方に気をつけながら編むようにしていきましょう。軸糸は常にピンと張るように強めに引っ張ることで綺麗な編み目になります。結び糸も均一な力を入れることが重要なのは軸糸と同じですが、軸糸よりも力を入れすぎないように気をつけましょう。

 


その5:糸をまとめておく


文字入りミサンガのように幅の広いミサンガだと、それだけ必要な糸の長さも増えてきます。特に二色で作る場合、文字の色の刺しゅう糸は物凄い長さのものが必要になってしまいます。それだけ長いと、作っている間に何度も絡んでイライラしてしまいリタイア・・・なんてことにも繋がりかねません。なので、クリップなどで糸をまとめておくと作るのが何倍も楽になります。厚紙に切れ込みを入れて巻きつけたりミシンのボビンのようなものを使うなど様々な方法があるので、自分に合ったものを探してみましょう。

 


その6:ある程度編んだら固定して編み進める


ある程度編み進める度に、セロハンテープで編めたところを固定しながら編み進めると力が入れやすく編むのが楽になります。ただ、セロハンテープだと少しべたついてしまうので気になる方はクリップなどを使うのもいいかもしれません。また、下にコルクボードなどを敷いてピンで固定しながら編んでゆくやり方もあります。

 


その7:アイロンで仕上げをする


仕上げの際には、必ずアイロンをかけるようにしましょう。ねじれや歪みも矯正できますし、何より見栄えが断然よくなります。細かい模様なので、アイロンをかけて引き締めることでより文字がはっきりしたミサンガになります。さらにねじれなどが取れることにより付けやすさや付け心地も変わってきます。

 

如何でしょうか。

複雑でなかなか上手に編むことのできない文字入りのミサンガですが、ミサンガは上達すればするほど機織り機や機械で編んだかのような綺麗な模様のミサンガが編めるようになってきます。慣れるまでは、何度もあきらめずに繰り返しチャレンジしてみましょう。何度も試行錯誤を重ねながら編んでいいるうちに、目に見えて上達してゆくのもミサンガ作りの楽しみの一つです。文字入りミサンガを編めるように練習を重ね、自分だけのオリジナリティ溢れる魅力的で特別なミサンガを作り上げましょう!

 

まとめ


ミサンガに文字を綺麗に編み込む!誰でも出来る7つの工夫

その1:デザイン画をしっかり作る
その2: 作る前に必ず少し簡単な作品で練習する
その3:結ぶ部分との間は固定しながら編む
その4:軸糸をピンと伸ばしながら編む
その5:糸をまとめておく
その6:ある程度編んだら固定して編み進める
その7:アイロンで仕上げをする

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。