夢占いで泣く夢はなぜ?シチュエーション別7つの意味

夢占いで泣く夢はなぜ?シチュエーション別7つの意味

今、ある研究では、泣くことで人はストレスを発散できると言われています。子供の頃は、泣いて騒いで親を困らせていたものです。しかし、それで心のバランスが上手に取れていたのかもしれません。

しかし、大人になると感情を素直に表現できない場面が多くなります。そのように感情を閉じ込めていては体に良くないということですね。そのことから、今ではあえて悲しい映画を観て涙を流すようにしている人もいるようです。

心と体のバランスが崩れると、心身ともに狂いが生じて病気になるのが人の体です。ですから、泣くことを実践するのは非常に良いことです。では、夢の中ではどうなのでしょう?自分が泣いている夢、ほかの人が泣いている夢。

実際に、あなたも起きたら涙が出ていたなんてこともあるでしょう。夢占いで泣く夢にはどういう意味があるのでしょうか?泣く夢の意味をひも解いてみましょう。



 

夢占いで泣く夢はなぜ?
シチュエーション別7つの意味

 

自分が泣いている夢


自分が悲しくて泣いている夢は、現実に起きたことが悲しくて泣いていることを暗示しています。しかし、うれし泣きの場合もありますから泣いているときの感情をよく思い出しましょう。

自分が号泣した後にすっきりしている夢は、心に引っかかっているものが涙と一緒に流れて運気が上昇することを暗示しています。昔からの願望が叶ったり、泣いたことで心がリセットされ再出発できることを意味しているのです。

 

家族や知人が泣いている夢


家族が泣いている夢は、その家族がトラブルに巻き込まれていることを表しています。あなたに対してのSOSかもしれません。時間を作って話を聞いてあげましょう。

人が訪ねてきて泣く夢は、あなたの周りの人に不幸が訪れることを暗示しています。どちらも自分にではなく、身近な人に起こることを暗示しています。身近な人へ気を配ることが必要かもしれません。

 

赤ちゃんが泣く夢


赤ちゃんが泣く夢は、近々あなたになにかしらトラブルが舞い込んでくる暗示です。事故などには十分に注意しましょう。赤ちゃんがそのうち泣きやむ夢なら、注意することでトラブル回避することができます。

自分が赤ちゃんになって泣いている夢は、今のあなたは自分のふがいなさに自信をなくしているためトラブルに巻き込まれる暗示です。このとき、周囲の人間関係には注意しましょう。あなたの失脚を狙っている人がいるかもしれません。しばらくの間は、自分の言動には特に注意が必要です。

 

死んだ人が泣く夢


死んだ人が泣いていたら、これは警告を意味する夢です。あなたの軽はずみな言動から招いてしまうことですが死んだ人が祖父母や両親などの場合は、ご先祖様が注意を促している夢と考えていいでしょう。

死んでもなお、あなたを心配する気持ちがこの夢を見せているのかもしれません。この機会に、あなたの進むべき道をもう一度確認しましょう。でないと、とんでもない危険に巻き込まれるかもしれません。

 

目覚めても涙が流れている夢


目覚めても涙が流れている夢は、心と体の疲労を表しています。それもかなりの疲労感ですから、休息を取ってリフレッシュすることを強くおすすめします。夢の中で泣くこと自体がストレスの発散のためといわれています。

ですから、目覚めても涙が流れているのは夢の中で十分にストレスの発散ができていない証拠なのです。起きているときにも、勤めてストレスの発散をしたほうがいいでしょう。趣味や家族との時間を増やすなどして有意義な時間を過ごすようにしましょう。

 

特定の誰かの前で泣いている夢


特定の誰かの前で泣いている夢は、あなたとその人の関係に問題があるようです。きっとその人といるときには、とてもストレスを感じているのではないでしょうか?もっとお互いに心を開ければ問題の解決につながるかもしれませんね。

もしあなたが泣くのを我慢していたら、ストレスが限界までたまっていることを表しています。最近のあなたは、ストレスを上手に発散できていないようです。

 

感動して泣いている夢


感動したり嬉しくて泣いている夢は、これからあなたの願いが叶う吉夢です。今まで抱えていた問題が解消されて、すっきりとするでしょう。泣いているあなたを誰かが慰めてくれていたら、これからますます人間関係が良好になる暗示です。

これも吉夢ですから、人間関係が良好に進むことでまた新しい出会いも暗示させる夢です。恋愛に関しても同じことが言えるでしょう。恋人がいる人は恋人との関係が今まで以上に良くなり、恋人がいない人は出会いが待っていることを暗示しています。

 

いかがでしたでしょうか。

これが泣く夢に関する意味です。自分以外が泣いているときには要注意ですが、自分自身が泣いているならシチュエーションはそれぞれ違っていても、夢の世界では事態を浄化させる意味を持っています。

浄化させることで、リセットし運気を上昇させるのです。これも夢の中の法則で、我慢しながら泣いているよりも思いっきり泣いているほうが幸運を意味しています。そのことを覚えておけばだいたいの意味が把握できるはずです。

 

まとめ

夢占いで泣く夢はなぜ?シチュエーション別7つの意味

・自分が泣いている夢
・家族や知人が泣いている夢
・赤ちゃんが泣く夢
・死んだ人が泣く夢
・目覚めても涙が流れている夢
・特定の誰かの前で泣いている夢
・感動して泣いている夢

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。