殺す夢・殺される夢には気を付けろ!ちょっぴり怖い7つの夢診断

殺す夢・殺される夢には気を付けろ!ちょっぴり怖い7つの夢診断
誰かを殺す夢――それはあなた自身が抱えているストレスやコンプレックスが過剰であることを警告する夢です。そして自分が殺される夢も、悩みを抱えていたりストレスを感じていたりするときに見ることが多い夢です。このように殺す・殺される夢とは、良い健康状態で見ることはありません。しかし、怖い夢を見て怖かったと思うだけでは、せっかく教えてくれたあなたへのメッセージを無駄にしてしまうことになります。その夢の持つ意味を知り、どのような警告を私たちに伝えているかを知ることでその先の未来をより良い方向へ変えることができるはずです。今回はそんなちょっぴり怖い、でも改善すれば良い方向へ切り替えることのできる7つの夢診断をご紹介したいと思います。



 

殺す夢・殺される夢には気を付けろ!
ちょっぴり怖い7つの夢診断

 


【1】自分が殺されそうになる夢はトラブルを予兆している!


自分が殺されそうになる夢はトラブルが発生することを伝えています。殺される夢はあなたの”くじけまいとする意志の強さ”を意味しています。しかし、殺されかけて一命を取り留める夢は、”くじけまいとする意志が弱い”ことを意味しており、肉体的・精神的に無理をしている状態であることを意味しています。健康状態が悪いと不注意が発生し、トラブルを招く原因になります。ですのでこの夢を見たら、努めてリラックスできる時間を作りましょう。トラブルを事前に回避できるはずです。

 


【2】殺されて血を流している夢は体調不良を予兆している!


殺されて血を流している夢は体調不良を招いてしまうことを伝えています。殺される夢はあなたの”くじけまいとする意志の強さ”を意味しています。しかし、血に関連する夢は”人の持つエネルギー”を意味しており、あなたがくじけまいとして多くのエネルギーを消耗している状態であることを意味しています。多くのエネルギーを消耗してしまうということは体に負担をかけており、それが体調不良を招く原因になります。ですのでこの夢を見たら、少し強張った肩をほぐして楽に事に当たりましょう。きっと体調が良くなりすべてがうまくいくはずです。

 


【3】殺した相手が簡単に死んでしまう夢は何かを失うことを予兆している!


殺した相手が簡単に死んでしまう夢は何かを失うことを伝えています。殺す夢は”環境の変化”を意味しています。しかし、それが”思ったよりも簡単に”なされてしまうという予想外の展開であり、”自身の環境が予想外の方向に進む”ということを意味しています。自身の環境が思わぬ方向に進むのは”何かを失ったとき”です。例えば、今ある職を失ったり、今付き合っている人がいなくなったりというものです。しかし、人が進むためには”変化”が必要です。失うということは、自身の成長の”転機”なのです。この夢を見たらその何かが失われるという”変化”に対して柔軟に対応できる心構えを持ちましょう。そうすることで、その変化をチャンスに変えることができるはずです。

 


【4】好きな人を殺す夢はお互いの関係が良い方向に向かうことを予兆している!


好きな人を殺す夢はお互いの関係が良い方向に向かうことを予兆しています。殺す夢は”環境の変化”を意味しています。そして、その環境の変化に関わる人物は”あなたの好きな人”であり、”あなたと好きな人の環境が変化する”ことを意味しています。例えば、片思いから両思いになるような良い変化です。この夢を見たら、好きな人との良い未来に思いを馳せて日々を楽しく過ごしましょう。

 


5】恋人を殺す夢は相手との関係が悪化することを予兆している!


恋人を殺す夢は相手との関係が悪化することを予兆しています。殺す夢は”環境の変化”を意味します。そして普段一緒にいる人が夢に出てくるということは、”相手に対して違和感を覚えていたりストレスを感じていたりする”ということを意味しています。つまり、相手に対して感じているストレスや違和感が2人の環境を変化させる要因であり、そのマイナスの感情が相手との関係を悪化させる原因になります。この夢を見たら、相手のどこに違和感やストレスを覚えているのかをじっくりと考え、相手と話し合いの場を持つようにしてみましょう。そうすることで、お互いの関係を良い方向へ変化させることができるはずです。

 


【6】見ず知らずの人を殺す夢は感情が爆発することを予兆している!


見ず知らずの人を殺す夢は感情が爆発することを予兆しています。殺す夢は”環境の変化”を意味しています。そして見知らぬ人は”自分の未知の側面”を意味しています。つまり、”自分の知らない部分が変化している”ということです。しかし、変化とは精神的なエネルギーを大きく消耗します。そして自分の知らない部分が変化しているということは、自分の知らないうちに大きくエネルギーを消耗されているということです。その疲労に自分で気付くことはとても難しいことです。そのままにしておくと体は本人が気付いてくれないと認識して、感情を爆発させて周囲にその精神的な疲れを訴え始めてしまいます。

この夢を見たら、リラックスできる時間を作りましょう。そうすることで精神的な疲労も取れ、感情の爆発を防ぐこともできるでしょう。

 


【7】嫌いな相手を殺す夢は近々その相手と軋轢が生じることを予兆している!


嫌いな相手を殺す夢は近々その相手と軋轢が生じることを予兆しています。殺す夢は”環境の変化”を意味しています。そして夢に出てくる人物とは、意識していないと出てくることはありません。ですので嫌な人が夢に出てくるということは、それだけ相手に対しての嫌悪感や憎悪が強くなっていているということです。つまり、”相手に対する嫌悪感が原因で相手との関係が悪化する”ということを意味しています。例えば溜まりに溜まってしまったマイナスの感情がふとしたことで爆発してしまい、喧嘩になってしまうかもしれません。

この夢を見たら、その攻撃的なマイナスの感情を発散するために体を動かしてリフレッシュしましょう。そうすることで、喧嘩に発展したりすることはなくなるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
夢はただあなたを怖がらせるためにあるのではありません。その怖いものの中に幸せの光を見出して、自身の糧にしてしまいましょう。

 

まとめ

殺す夢・殺される夢には気を付けろ!
ちょっぴり怖い7つの夢診断

1】自分が殺されそうになる夢はトラブルを予兆している!
【2】殺されて血を流している夢は体調不良を予兆している!
【3】殺した相手が簡単に死んでしまう夢は何かを失うことを予兆している!
【4】好きな人を殺す夢はお互いの関係が良い方向に向かうことを予兆している!
【5】恋人を殺す夢は相手との関係が悪化することを予兆している!
【6】見ず知らずの人を殺す夢は感情が爆発することを予兆している!
【7】嫌いな相手を殺す夢は近々その相手と軋轢が生じることを予兆している!

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は星座で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は星座から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。