猿夢のような悪夢を見なくなる方法、5つの回避策

猿夢のような悪夢を見なくなる方法、5つの回避策
猿夢という言葉を聞いたことがあるでしょうか。インターネットやSNSでは、都市伝説とも言われいている猿夢は、知るだけでも恐ろしい悪夢の事です。怖い話が苦手な人は詳細に内容を知らない方がいいかもしれません。

そんな、話を聞いたり想像するだけでも恐ろしいほどの悪夢、いわゆる猿夢はその話の内容を知ってしまうと呪われたように夢で見てしまうと言われていますが、猿夢の内容を知るだけで、同じ夢を見てしまうという現象は、科学的には説明できませんし、そんなことはありません。

猿夢のような悪夢を見るのには原因があるのです。もちろん、怖い猿夢の話を知ることによって意識してしまい、夢に出てくるというケースはあるでしょう。しかし、そんな悪夢を見なくてすむような回避策もあります。悪夢を見てしまうメカニズムを知れば、効果的な回避策は自ずとわかってくるのです。

そこで、猿夢のような悪夢を知ってしまっても、夢で見ることを回避できる方法を5つお伝えします。



 

猿夢のような悪夢を見なくなる方法、
5つの回避策

 

無呼吸症候群など酸欠状態の解決


人間は睡眠中に十分な呼吸ができずに酸素が不足してしまうと、目覚めるほどでないまでも苦しさを感じて猿夢のような悪夢を見てしまいます。

睡眠中に十分な呼吸ができているかどうかは、自分で判断するのが難しいため、家族と同居している場合には、自分が睡眠中にいびきをかいているかどうかをチェックしてもらいましょう。いびきをかいている人は少なくとも鼻が詰まっていて息がしずらい状態にあります。

また、ひどい場合には無呼吸症候群の可能性もあるため、医師に相談することをおすすめします。自分で簡単にできる対策としては、部屋を清潔に保って鼻がつまらないようにすることと、狭い所ではなく、なるべく広いスペースで寝ることの二つがあります。

広いスペースで寝ることで、寝返りが打ちやすくなり。ストレスなく呼吸をすることが出来るのです。

 

就寝前のストレスリセット


仕事や学校で嫌なことがあったり、不安で気になることがある人は、ため込んだストレスや不安な精神状態のまま就寝してしまうために、猿夢の様な悪夢を見てしまうのかもしれません。

不安な精神状態で寝てしまうと、熟睡できませんし、不安定な精神状態が夢にも反映されてしまうのです。仕事や学校での問題が原因となるストレスはすぐに解決できるものではないでしょう。しかし、猿夢の悪夢を見ないようにするには、少なくとも就寝するまでには気持ちを楽にする必要があります。

同僚や友人、家族に愚痴をこぼしたり、不安な気持ちを打ち明けるだけでも大分気分は楽になります。また、美味しい食べ物を食べたり、カラオケをすることがストレス発散になる人は、自分なりのストレス解消法を行って、就寝前にはストレスをリセットするようにしましょう

 

就寝前の食事を控える


猿夢のような悪夢を見てしまう原因として意外と思われることの1つが就寝前の食事です。食事を取ることがストレス解消法だという人は、お腹がいっぱいになることでよく眠れると思うかもしれませんがこれは逆効果になる可能性があります。

就寝時に食べものが消化器官に残っていて、消化活動がまだ活発にされている状態で寝てしまうと、血液が消化器官に集中してしまうため、他の体の部位にめぐりにくくなるのです。結果的に脳の血流も悪くなって、脳がストレスを感じ、悪夢を見てしまうのです。

就寝前には夜食を食べないようにすることと、遅い時間の夕食は控えたり、軽めにするなどの配慮をすれば、猿夢のような悪夢を見る可能性が低くなるでしょう

 

就寝時のリラックス状態


寝ている時でも、精神がリラックスしていない状態はありえます。就寝する前に運動をしたり、勉強をしたり、本や新聞などの細かな活字を読むと、脳が興奮状態になってしまい、眠りが浅くなってしまいます。

眠りが浅い状態だと、人は夢を見やすく、さらに精神状態が不安定だと、猿夢の様な悪夢を見やすくなってしまうのです。そうならないためには、深い眠りについて熟睡することが大切です。

就寝前に温かいミルクを飲むと副交感神経が刺激され、精神的にはリラックス状態になるため、ぐっすりと眠ることが出来ます。コーヒーなどのカフェインはとらないように注意しましょう。

 

就寝前の入浴


なかなか寝付けずに朝方になってやっと眠れたと思ったら、猿夢のような悪夢を見てしまい、うなされたという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。寝付きが悪い人は、考え事などをしたりしていると眠るタイミングを失ってなかなか寝れず、寝れたとしても眠りが浅い状態になってしまいます。

眠りが浅い状態の時に悪夢を見てしまう傾向があるため、寝付きを良くするために就寝前に入浴をするようにしましょう。人間の体は、体温が高い状態から緩やかに下がっていく時、自然な眠気を感じて熟睡することができます。

 

いかがでしたか。猿夢のような悪夢は、頻繁に見てしまうと精神的にも肉体的にも疲労が蓄積されて、げんなりしてしまいますし、日常生活にも影響を及ぼしかねません。

そのため、できれば猿夢のような悪夢は見ないほうがいいですが、就寝時に見る夢は自分ではコントロール出来ないからと諦めている人が多かったのではないでしょうか。もちろん、見たい夢を確実に見る方法を見つけるのは難しいですが、悪夢を見る可能性を低くすることは可能です。

猿夢のような悪夢をみてしまうメカニズムは、就寝中の酸欠状態やストレス、精神的な不安が原因となっている事が多いため、その原因になることを取り除けばいいのです。

今回ご紹介した悪夢の回避方法は、誰しもに確実に効果があるとは限りませんが、自分にあった方法を見つけるためにいくつか試してみましょう。

 

まとめ

ぐっすり寝れば怖くない!猿夢のような悪夢を見ない方法とは

・いびきがひどい人は医師に相談してスムーズに呼吸をしよう
・ストレスをため込んだまま就寝しないようにしよう
・夕飯はなるべく早めに食べて寝る前の飲食を控えよう
・寝る前に温かいミルクを飲んでリラックスしよう
・就寝前に入浴して体を温めて自然な眠りにつこう

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は星座で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は星座から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。