【失恋の名言】辛い別れをした後に心にしみる言葉たち

【失恋の名言】辛い別れをした後に心にしみる言葉たち
想いを伝えることができないままの失恋、片思いで告白したけれどフられてしまった失恋、恋人同士からの失恋、離婚…恋が終わるきっかけは、恋が始まるきっかけと同じくらいたくさん世の中に溢れています。

そして恋の終わりは、言葉にできないほど辛くて苦しいもの。自分ひとりだけ、世界から取り残されてしまったような孤独感に襲われる夜も多いのではないでしょうか。でも、少し顔をあげてみればまわりにも同じように恋をし、失恋し、また恋をしている人がたくさんいます。

ここでは、辛い別れをした後の心にじんわりとしみるような名言をたくさん集めてみました。今のあなたの心にそっと寄り添ってくれるような名言が見つかることを祈っています。



 

【失恋の名言】
辛い別れをした後に心にしみる言葉たち

 

愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。(B.dアンジェリス)


失恋直後は、もう恋なんてしたくない、彼のことも愛さなければよかったという思いにとらわれがち。けれど、あなたが愛した気持ちは、紛れもなく大切なものであったはず。辛さや悲しさ以外にも、彼を愛したことで得たものは実はたくさんあったのではありませんか?失恋直後には、この言葉の意味はピンと来なくても、じわじわと心にしみていくような、そしていつかまた新たな恋をしたいと思えるような、そんな名言です。

 

愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない。(ココ・シャネル)


突然告げられた別れの場合、すんなり受け入れることは難しく、責めたくなるでしょうし復縁を迫ったりもしたくなるもの。けれど、それは彼の心をますます遠ざけてしまう原因になりかねません。彼のことが好きであればあるほど、去り際は綺麗に。そう簡単なものではないからこそ、価値のある名言です。

 

これだけは、覚えておきなさい。何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。(ボブ・ディラン)


恋愛が自分の全て。彼が自分の全て。そう考えてしまうほど、女性にとって恋愛は人生において重要なものだったりします。でも、本当にそうでしょうか?彼と過ごしていた時間を、別のことに使える。彼が好きじゃなかったファッションも自由にできる。「彼のため」にしていたことを、今度は自分のために、自分の未来のためにすることができるのです。辛く苦しい失恋ですが、未来に目を向ける大切さを伝えてくれる名言です。

 

気にすんなよ!くよくよすんなよ!大丈夫、どうにかなるって!ドントウォーリー!ビーハッピー!(松岡修造)


ひとりの世界に閉じこもって、どこが悪かったのか、何が悪かったのか、どうすればよかったのかと考え込んでしまうあなたにオススメしたいこの名言。底抜けに明るい言葉は、時としてすごく強い力を秘めています。

恋の終わりは、あなたの人生の終わりではありません。たとえ今が絶望のどん底にいるような気になっていても、この名言を何度かつぶやいてみましょう。自然と笑えてくるはずです。ドントウォーリー!

 

女性が綺麗になる方法は二つあります。 「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。(浜尾朱美)


あなたがしていた恋が、人に言えない禁断の恋であった場合に伝えたいのがこちらの名言。人を愛する気持ちにいい悪いはありませんが、恋にはいい恋と悪い恋があります。今、別れの喪失感に落ち込んでいたとしても、「悪い恋」を断ち切ることがでいたあなたは、これをきっかけにますます綺麗になれるはず。

 

忘れたいものは絶対に忘れられないんです。(村上春樹)


前向きに!ポジティブに!早く忘れたい!そう考えれば考えるほど、実は彼への想いが募るばかり。それはなぜなのか?という問いに対する答えがこの名言です。

「忘れたい」と願うことは「忘れたくない」と願うことと、実は同じ。無理に忘れなくても大丈夫。自然といつか忘れるときがやってきます。そして、もし忘れることができなくても、失恋の傷は少しずつ癒えていくもの。「忘れなければ!」という気持ちにとらわれてしまっている人にオススメの名言です。

 

いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ。(オプラ・ウィンフリー)


「早くそんな男のこと、忘れたほうがいい」、友人はあなたのことを思ってそう励ましてくれているのかもしれません。でも、あなたの気が済むまで彼のことを思い続けても良いのです。次に進もう、前を向こう、そう思うタイミングを最後に決めるのは、あなた自身。たくさんある情報に惑わされることなく、あなたが自分の心と向き合って考えてください。それが一番正しいタイミングだと勇気付けてくれる名言です。

 

いかがでしたか。

世の中には人の数ほど恋があり、また失恋もあるもの。そして様々な人が失恋に関する名言を残してくれているものです。

失恋後は、辛くて苦しいもの。すぐに言葉が頭に入ってこないかもしれませんが、すこしずつ時間が経ったときに、またぜひ読み返してみてください。また新たな気持ちでこの名言を見ることができるはずです。

あなたがこの名言で少しでも心癒され、そしてまたいつの日か素敵な恋ができるようになることを祈っています!

 

まとめ

【失恋の名言】辛い別れをした後に心にしみる言葉たち

・愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。(B.dアンジェリス)

・愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。相手の男の重荷になるべきではない。(ココ・シャネル)

・これだけは、覚えておきなさい。何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。(ボブ・ディラン)

・気にすんなよ!くよくよすんなよ!大丈夫、どうにかなるって!ドントウォーリー!ビーハッピー!(松岡修造)

・女性が綺麗になる方法は二つあります。 「いい恋をすること」と「悪い恋をやめてしまうこと」です。(浜尾朱美)

・忘れたいものは絶対に忘れられないんです。(村上春樹)

・いつ前に進むべきかは、自分の魂がおしえてくれるわ。(オプラ・ウィンフリー)

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

メディアで話題の『あなたの幸運』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。