素直になれない人が、自分の気持ちに正直になる方法

素直になれない人が、自分の気持ちに正直になる方法
素直になれないと悩みを抱えている人はたくさんいます。心に幕を張って本音を見せずに、かっこつけて生きることも処世術なのでしょう。しかしいつまでも、誰に対しても素直になれないままだと、年を取ってからものすごく後悔することになります。

人生は一度きり。自分の気持ちを正直に、偽らずに周囲に発信できた方が良いに決まっています。素直になれない人の多くは、「本当の自分を知られるのが怖い。」という気持ちを持っています。恐れから、本音をさらけ出せないんですよね。人は誰しも強いばかりではありません。本音をさらけ出せない弱さは、誰にでも共通するもの。だから自分の臆病さを恥じる必要はありません。

以下に、そんな臆病な気持ちを乗り越えて、自分の気持ちに正直になれる方法をお伝えしていきます。素直になれない人は是非、参考にしてください!



 

素直になれない人が、
自分の気持ちに正直になる方法

 

人は皆「明日死ぬかもしれない」運命であることを考える


「素直になれない。けれども、素直になりたい。本当の自分を知ってほしい。」と悶々と考えて悩む人は多いですよね。これを読んでいるあなたも、悩める一人でしょうか。そんなあなたに一言いいたい。

「悩んでいるうちに人生が終わってしまうよ!」と。人生は短いのです。そして、死はいつ訪れるかわからない。誰だって明日死ぬかもしれない運命と、常に隣りあわせなのです。明日死んだら、今日、行動を起こさなかったことを後悔するのではないでしょうか。

周囲のうわさとか、周りに気を使って自分の本音を押し殺してばかりいたら、死ぬ間際に後悔するような人生を送ることになります。是非とも、後悔の無いように素直な自分で生きてください。

 

年を取ってから後悔しないように生きる


ある民間の調査では、「老後に後悔する人」の割合は9割を超えるという結果が出ています。9割とは驚きですよね。9割の人が「ああしておけば良かった。」「こうやって生きればよかった。」と若いうちの生き方を悔やんでいるのです。「若いうち」と言っても、子ども時代や20代の事だけを言うのではありません。30代40代だって、十分「若いうち」に入ります。

年を取ってから、取り返しのつかないことを嘆いても仕方がありません。「良い人生を生きた!」と胸を張れとまでいかなくとも、自分に「お疲れさま」と言えるような人生でありたいものです。長い人生を思えば、「素直になれない」なんて悩みは取るに足らないものですよ。そんな悩みで老後を後悔して過ごすなんて、もったいないじゃないですか。

 

見栄っ張りの人はすぐに撤回しよう!


思わず見栄っ張りをしてしまい、後悔することもありますよね。素直になれないと悩む人の多くは、自分を背伸びして周囲に見せるタイプの人です。そんな時は「ごめん、見栄貼っちゃった。ほんとはね…。」と言えばいいのです。

自分の気持ちを正直に周囲に提示することは、自分の自信につながります。思わず見栄を張っちゃったときに、すぐに撤回する習慣をつけてみてください。この行動によって、自分の心がすごく軽くなるはずです!

 

周囲の人から嫌われることを恐れない


素直になれない多くの人は、周囲の目を気にして自分を偽っている人です。けれどもあなたは誰のために生きているのかをよく考えてください。あなたは、あなたのために生きているのではありませんか。周囲の人のために生きているのではないのです。

そして、人と人ならばぶつかって嫌うことも多々あるのです。周囲との軋轢を恐れずに、自分の気持ちに正直になることを優先させてください。それができるのは、世界であなた一人なのですから。

 

5割に嫌われて、5割に好かれる人生を目指そう


周囲の人に嫌われたり、うわさ話の対象にされるのは気分のいいものではありません。周りの人は、本当のあなたを知らずに、面白がって好き勝手な噂をすることもあるでしょう。けれどもあなたを悪くいう人たちばかりにこだわってはいけません。

生きている間に知り合う人の中で、5割の人はあなたを嫌い、残りの人はあなたを好きになってくれるはず。人生はそういうものですから。誰にも好かれるような人間は存在しません。敵がいて当然なのです。誰かに敵視されても、「残りの半分の人に好かれればいいや。」と割り切って、自分の気持ちを優先させてください

 

「みんな違ってみんないい」の精神を忘れずにいよう


素直になれない人の多くは、自分の個性を「悪いもの」と思い込んでいます。または周囲の調和を重んじて、自分の個性を押し殺しているのです。日本では特に、その傾向が強いと言われています。日本のお国柄なのでしょうか。角が立つことを嫌う種族なので、個性を表に出すのは美徳とされない風習も残っています。

しかしそんな中でもみんな、ささやかに個性を発揮して、自分の人生を彩っています。金子みすずさんの歌にもあるように、「みんな違ってみんないい。」のです。素直になれない人も、「素直になっていい」のです。あなたらしくあるのが一番なのですよ

 

さて、素直になれない人のために、自分の気持ちに正直になる方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

素直になれない人の心情に寄り添って書いてきましたが、実は多くの日本人が同じ悩みを抱えている事実も浮き彫りになりました。皆、素直になりたい、けれども素直になれない。その葛藤が、出来れば老後でなく、若いうちにあればいいですね。

そして悩んだ挙句、自分の気持ちに正直に、勇気をもって生きるすべを見出してほしいものです。そうしなければ、あっという間に過ぎてしまう人生を、まるまる後悔することになりかねません。一度しかない人生です。多くに受け入れられなくても、少数の大切な人に向けてだけは、正直な自分の本音で接してくださいね。そうすることであなたご自身が救われるからです。

 

まとめ

素直になれない人が、自分の気持ちに正直になる方法

・人は皆「明日死ぬかもしれない」運命であることを考える
・年を取ってから後悔しないように生きる
・見栄っ張りの人はすぐに撤回しよう!
・周囲の人から嫌われることを恐れない
・5割に嫌われて、5割に好かれる人生を目指そう
・「みんな違ってみんないい」の精神を忘れずにいよう

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。