友達が欲しい人が始める7つの実践テクニック

友達が欲しい人が始める7つの実践テクニック
「友達が欲しい」と社会人になってから思ったという人も多いのではないでしょうか。学生時代に仲の良かった友達も社会人になると忙しくて連絡を取れなくなり、会っても年に数回だけということも。

社会に染まってくるとなかなか勤務先以外での友達ができにくいですよね。新しい友達が欲しいと思っても、なかなか作れないのも事実です。社会人になると学生時代のように部活もないですし、もし同じ目標に向かっている仲間がいたとしても、仕事に集中することを優先するため、ゆっくり話す時間も取れないですよね。

たまに昼休みや休憩時間に話したとしても、共通の話題が見つからず困ったという経験もあるのではないでしょうか。そこで、今回は、友達が欲しいときに始める実践方法やテクニックについてお伝えします。



 

友達が欲しい人が始める
7つの実践テクニック

 

1. まずは、何よりも清潔感を大事にする


身なりはとても大切です。まずは、友達が欲しいと嘆く前に自分の身なり、服装を見直してみましょう。もし、知り合いがごてごてしたネイルに、自分に似合っていない流行の格好をしていたら一緒にいたいでしょうか。一緒にいたいとは思いませんよね。服装は自分さえよければいいというものではありません。

他人に見られていることを意識して、清潔感溢れた格好をすることで相手も話しかけやすくなります。決して高級なものを身につけた方がいいとかいうわけではなく、シンプルメイクでも安い洋服でも自分に似合っていることが重要です。身の丈にあった清潔感のあるものを身につけるようにしましょう

 

2.コミュニケーションの基本は挨拶


挨拶はとても大事です。友達が欲しいと嘆く前に自分の挨拶を見直してみましょう。いつも不機嫌で、相手に挨拶もなしに話しかけられたら、決して仲良くなりたいとは思いませんよね。

「おはようございます」と言う時にちょっと微笑んで心から挨拶するだけで、あなたの印象もずいぶんと変わりますよ。なので、友達が欲しいならちょっと立ち止まって、微笑みながら挨拶してみましょう。周りの雰囲気も変わってくることでしょう。

 

3.共通の趣味をもつコミュニティーを活用する


インターネットサイトなどで同じ趣味をもつ人達が集まるコミュニティーがありますので、友達が欲しい時はそういったコミュニティーを活用してみましょう。まずネットで仲良くなってからオフ会などに出かけるといいでしょう。

また、気に入ったお店や自分の趣味に関するお店に通い、常連になった頃に周りにいる常連さんに話しかけるというのも友達を作る一つの手です。

 

4.出来る限り規則正しい生活を心がける


「学生じゃないからそんなこと必要ない」と思う人もいらっしゃるでしょう。しかし、毎日同じ時間に電車に乗っていた、毎日同じ時間バスに乗っていて仲良くなったということってありますよね。通勤時に毎日同じ道を歩いていることがきっかけで仲良くなることもあります。

友達を作るには同じ時間に、その時間を共有することで仲良くなることもあるのです。ですから、友達が欲しいなら、規則正しい生活をしてみましょう。

 

5.学生時代の親友を大事にする


「結局は学生時代の友達?」と思った人も多いでしょう。しかし、学生時代の友達の紹介で友達が増えることもありますよね。食事会や飲み会で親友がつれてきた友達と意見が合い「今度一緒にどうですか」などと声をかけられることもあります。

また、友達との縁を大事にすることで、友達も別の友達を紹介してくれたり、自分も友達を紹介することで、友達の和が広がっていきます。友達が欲しいのなら、「知らない人と会いたくない」ではなく、「あの人の知り合いなら会ってみよう」とせっかくの誘いを大切にしましょう

 

6.他人を受け止めて受け入れられる人になる


自分と考え方が違う友達っていますよね。友達が欲しいと思っていても、なかなか考え方が違う人とは友達になり難いです。しかし、自分と考え方が違っても、「そういう見方があるのか」、「そういう考え方も出来るのか」と考えるようにしてみましょう。

意見や、考え方が違ってもその人を受け入れられるようになれば、それだけでも、友達が自然と増える結果につながっていきます。

 

7.相手に感謝・感動・関心を素直に伝えられる人になる


あなたはだれにでも「ありがとう」「ゴメンナサイ」がいえますか。「友達が欲しい」という人の中には、上辺だけの「ありがとう」や「ゴメンナサイ」などを相手に対して言っている場合があります。心からの感謝の気持ちや感動は、一緒にいると気持ちが伝わりますよね。

ただし、全く自分が関心を持てないことに対しては、誠意を持って断れば、相手にも伝わります。「関心が持てないの、せっかく誘っていただいたのにゴメンナサイ。今度別の機会に誘ってくださいね」と言ってみましょう。今回はダメだったけどまた誘ってみようと思ってくれるはずです。

一緒に行動していて感謝や感動を素直に伝えることができると、友達作りのきっかけになりますので、ぜひ素直に伝えてみましょう

 

いかがでしたか。

「友達が欲しい」と考えている人にはちょっと耳の痛い話もあったのではないでしょうか。大人になると見栄や自分のエゴなどで他人とつきあうことを自然と拒んでしまうこともありますよね。しかし、ちょっとずつ自分を変えるだけで、自然と周りに人が集まってきます。

すべてを一度にこなそうとするのではなく、まずはこの中の1つか2つを実行してみるだけでも気軽に声をかけられやすくなりますよ。慣れてきたらすべてを実践してみましょう。友達が出来ないと悩んでいたのが嘘のように、人間関係が円滑につながって、広がっていくはずです。

自分の考え方や見方を少し変化させるだけで友達を作ることが出来るのです。ぜひ皆さん実行してくださいね。

 

まとめ

友達が欲しいなら

・身なりを清潔にする
・コミュニケーションの基本は心から挨拶から
・インターネットなどを利用してコミュニティーに参加する
・出来る限り規則正しい生活をする
・学生時代からの友達を大切にする
・他人を受け止め受け入れる人になる
・感謝・感動・関心を心から伝える

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は星座で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

幸せを引き寄せると話題の『恋と運命の真実』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのかを初回無料でズバリ教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。