夢占い『虹』が登場した時、夢が暗示する7つの事

夢占い『虹』が登場した時、夢が暗示する7つの事 
夢で起きた事象から未来を占う「夢占い」。今日はその中でも、「虹」に関する解釈をお伝えします。虹とは空気中の水分によって光が屈折して起きる現象ですが、古来から虹はドラゴンや神の使いとしての蛇など、神聖な意味を持っていました。そんなことを知らなくても、虹は我々に感動を与えてくれます。虹の夢を見たら、なんだかラッキーな気分になりますよね。

さて、本当に虹の夢を見ることは吉夢を表すのでしょうか?夢占いで虹にまつわる7つの解釈をご覧ください。



 


夢占い『虹』が登場した時、
夢が暗示する7つの事

 


調和・完全性


まず第一の解釈は「調和・完全性」です。これが虹の夢の解釈の基本となっていきます。虹を夢に見たらラッキーと思ってよいでしょう。調和や完全性、といったものは虹の7つの色の美しさを思い浮かべれば、容易に想像がつくと思います。ですからまず虹が夢に出てきた場合には、この「調和と完全性」という意味を思い浮かべてください。

この解釈の場合は、虹単独ではなく、ほかに一緒に出てきたものと判断します。たとえば電話と虹を同時に見た場合、電話は「コミニケーション」を表しますので、人間関係の調和がとれていることを表します。このように、夢占いというのはでてきたもの単独では判断できないため、ほかの物の解釈と組み合わせることが重要です。この「一つのものに縛られず、視点を広げていく」というのはは夢占いに限らず、多くの占いに通じるものなので、覚えておいて損はないでしょう。

 


はかなさ


虹は確かに美しいですが、同時にすぐ消え去ってしまうものでもあります。第二の解釈は「はかなさ」です。虹は太陽の移動によってすぐに消えてしまいますので、長くても10分程度しか持ちません。美しいものは長くは続かないのです。先ほど虹の夢を見たらラッキー、と書きましたが、同時にはかなさもはらんでいますので、速やかに行動に移すことが重要となります。

 


ラッキーチャンス


今までは虹が持つ本質的な意味を紹介してきましたが、ここからはどのように我々の現実世界にかかわってくるか、それを紹介していきたいと思います。鮮やかで美しい虹を見た場合、それは「大きな幸運」を表します。この時、鮮やかであればあるほど大きな幸運を表します。この夢を見た場合にはあなたのもとに大きな幸運が訪れることになるでしょう。ですから、何か大きな挑戦をしていくべきです。願いを兼ねるチャンスが巡ってきたのですから、それを逃さないようにしましょう。先ほども書いた通り、虹は「はかなさ」という意味も持ち合わせているので、チャンスを見失わないように、しっかりと掴み取りましょう。

 


人の心にかかる虹


一度に多くの虹を見た場合にはこの解釈が当てはまります。第四の解釈は「他者の感情・価値観」です。ある歌手の歌にこんな歌詞があります。「人はみな心の中に空を持ってる~はじまりも終わりもない広い広い空を~」そして、そのそれぞれの空に描かれるものが虹、つまり心に描かれるものである感情や価値観を表すということです。この夢を見た場合、他者の価値観を認めていくことが、幸運を呼び込むといったことを表します。思想の違いなどで対立せずに、認め合っていくことが重要です。

 


事態の好転


雨上がりの後の虹はこういった意味を持ちます。第五の解釈は「事態の好転」です。雨によって見通しの悪くなっていたものが、雨が上がって、調和と完全性の象徴である虹が見える、こういったストーリーを思い浮かべてみるといいかもしれません。この夢を見た場合、先行き不安なプロジェクトなどの見通しが一気にたち、成功へと向かうことを意味しています。現在難航している計画などがある人は、この機に乗じて、急転直下を狙いに行きましょう。

 


行きずりのはかない恋


虹が出て、消える。そんなはかない夢を見たあなたは、「行きずりの恋」をするかもしれません。虹のようにはかない恋、長続きはしない恋です。美しい時間を過ごした後に、その人は消えてしまうでしょう。しかし虹には完全性や調和という意味がありますから、後腐れのない、すがすがしい終わり方を迎えることでしょう。この夢を見た人は、一時のはかない恋に、身をゆだねてみるのもいいかもしれませんね。

 


悪い意味を表す虹


さてここまでみてきたのは虹が「良い意味」を表す場合。最後の章では、虹が「悪い意味」を表す場合をご紹介したいと思います。まずは欠けた虹、かすんでいる虹。これらのものを見た人は、「ぬか喜び」が訪れるでしょう。完全性を表す虹が欠けている、かすれているという矛盾。そんな夢では幸運も正しい形では訪れません。幸運が舞い降りたかのように見せかけて、すぐにどこかへ飛んで行ってしまうでしょう。

そして黒い虹、白っぽい虹。これらはあなたに危険が訪れることを表します。色の調和が美しい虹なのに、すべての色を混ぜ合わせた色「黒」の色をしている、もしくはどの色も反射する「白」の色をしている。これもまた矛盾です。調和の崩壊を表しますので、要注意です。

 

いかがでしょう、虹の持つ意味7つをお伝えしました。基本的にはラッキーな意味を表すが、見たら要注意な虹の夢もある、そう心にとめて頂ければ良いでしょう。気になる夢を見た時には、是非またこのサイトに訪れて、夢の内容をチェクしてくださいね。

 

まとめ

夢占いで『虹』が暗示するのは

・調和・完全性
・はかなさ
・ラッキーチャンス
・人の心にかかる虹
・事態の好転
・行きずりのはかない恋
・悪い意味を表す虹

2018年 あなたに訪れる幸せを知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『幸せのレシピ』では、あなたに起こる幸せをズバリ予言し、2018年に何が起こるのか1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく解説してくれます。しかも、今なら、全員無料鑑定してもらえますよ。

2018年の幸運を知りたい方は、是非お試しください!