徹底究明!怖い夢を見る原因から開放する7つの方法

徹底究明!怖い夢を見る原因から開放する7つの方法

怖い夢を見るのは誰だってイヤなものです。原因がはっきりしていれば、怖い夢を避けることもできるかもしれません。怖い夢を見るのは、ストレスや過去のトラウマの表れだと言われています。また、身体的な事情によっても怖い夢、悪夢を見ることもあるようです。頻繁に怖い夢を見てしまう人は、原因が一つではないのかもしれません。また、トラウマが原因になっている場合、そのトラウマを解消するという大きな心理的アプローチが必要になります。怖い夢を見てしまう原因は、人によって様々ですが、考えられる原因について対処していきましょう。

 

徹底究明!怖い夢を見る原因から
開放する7つの方法

 


心身の疲れが怖い夢となって表れる

夢というのは、心の奥深く、無意識に働いている「潜在意識」が現れているものと言われています。怖い夢を見てしまう原因は、潜在意識からのサインともいえるのです。心の不調や身体の不調を、自分自身で自覚していなくても、身体の奥深くから教えてくれています。普段の生活を振り返って、怖い夢以外にも自分に変化がないか確認してみてください。何となく食欲が落ちている、やる気が低下している、すぐに疲れるようになったなどの変化はありませんか?また、甲状腺や循環器系の病気や、糖尿病などの生活習慣病でも怖い夢を見やすくなるようです。健康診断の結果を見直し、再検査項目があれば指定の病院を受診しましょう。

 


ストレスやトラウマは怖い夢を見る大きな原因の一つ

怖い夢はストレスによって、強く現れるようです。日々のストレスというよりは、強いストレスや過去のトラウマなど、強烈な印象を持つものが原因となりやすくなります。怖い夢がいつ頃から続いているのか?夢の内容はどんなものであるか?などが、原因となるストレスやトラウマを示唆しています。東北大震災以降、東北地方の人は悪夢を見やすく、津波や震災のことを思い出すそうです。人生を変えてしまうほどつらかったことはありませんか?また、今、その怖い夢を見ているということは、精神的に何かが起きているということです。甘く見ずに、心理的なアプローチを行ってくれるカウンセリングをお勧めします。

 


怖い夢は現実の恐怖感を表している可能性も

怖い夢を見る原因はまだあります。例えば、仕事でノルマに追われ、今月は無理かもしれない…と思っていたら、追われる夢を見たりします。何か言いたいことを我慢している時には、叫ぶ夢や走り続けるような夢を見てしまいます。大きな失敗をしたことでおぼれる夢を見ることもあるようです。現実にあるそのストレスを解消しない限り、また怖い夢を見てしまいます。思い当たる原因を考えてみてください。本当に苦しいのは会社からノルマについて言われているからなのか、お金に関係することなのかなど、より深く考えることで自分自身を助ける方法が見えてきます。

 


睡眠の質によって怖い夢を見ることがある

睡眠の質が悪いと、眠りが浅くなり、怖い夢を見やすくなります。夢というのは浅い睡眠状態であるレム睡眠時に見ています。深い眠りの時間が長いほど、夢は少なくなります。怖いと感じるような夢を見るということは、レム睡眠時に何らかの不快感が起こっている可能性もあります。普段から、睡眠の質を高めるよう工夫してみてください。リラックスをするためのゆっくりとお風呂に入り、アロマを利用するのもいいかもしれません。癒しの音楽を聴いたり、寝る前の1時間はパソコンやゲーム、携帯に触らない事です。リラックスして楽しいことを考えながら眠りにつきましょう。

 


睡眠時の環境が怖い夢を作る原因に

睡眠の質が怖い夢の原因になるように、その睡眠の環境も怖い夢を作る原因となります。例えば、うつ伏せに寝て息苦しい時に、首を絞められるような怖い夢を見る可能性があります。重すぎる布団や、寒すぎる環境など、身体にとって不快感があれば、それを夢で教えてくれるのです。寝る前にアルコールを飲み過ぎるのも、怖い夢の原因となります。脳に作用するアルコールは、一時的には開放感を与えてくれますが、その後、代謝が進むにつれて身体にとっては負担となります。散らかりすぎた寝室も、悪影響を及ぼすようです。まずは、寝室の環境を整えてみてはいかがでしょうか?

 


血糖値が不安定だと怖い夢を見やすい

糖尿病の人は怖い夢を見やすいといわれています。これは、夜間の低血糖による影響です。血糖値というのは食べ物によって左右されますが、糖尿病ではなくても、寝る前に甘いものを食べると、糖尿病の人と同じ条件になります。寝ている間は何も食べないので血糖値は下がるのですが、人によって下がりすぎてしまいます。脳は寝ている間も動いているため、脳のエネルギーとなる糖が少なくなると、体内で糖を作ろうとします。その時に分泌されるのが、アドレナリンです。夜中に興奮をおこすアドレナリンが分泌されると、危機的状況ではないのに、ストレスがかかります。そして、怖い夢を見てしまうのです。普段から甘いものを食べている人や、夜中にお菓子を食べたり、甘いお酒を飲んでいる人は控えるようにしましょう。

 


ビタミンB6不足で怖い夢を見てしまう!?

ビタミンB6とは動物性食品に含まれるビタミンです。このビタミンB6が欠乏すると、怖い夢を見ることがわかっています。ビタミンB6は精神を安定させるセロトニンを作るために欠かせないものです。また、このセロトニンから睡眠を誘導するメラトニンが作られます。脳内神経物質も食べ物から作られています。普段の食生活が偏っていると、ビタミンB6が不足し、セロトニン不足でイライラしたり、メラトニンが作られずに睡眠の質が落ちて怖い夢を見てしまうのです。ビタミンB6は肉や魚に多く含まれます。一度食事の内容を見直してみましょう。

 

いかがでしたか。

怖い夢には様々な原因があります。最初はちょっとしたストレスが原因だったとしても、そこから睡眠の質が落ちてしまったり、食欲不振でビタミンB6が欠乏するような食事になっていたかもしれません。複合的な原因を考えて、思い当たる原因にはすべて対処してみましょう。怖い夢から早目に解放されますように。

 

まとめ

徹底究明!怖い夢を見る原因から
開放する7つの方法

・心身の疲れが怖い夢となって表れる
・ストレスやトラウマは怖い夢を見る大きな原因の一つ
・怖い夢は現実の恐怖感を表している可能性も
・睡眠の質によって怖い夢を見ることがある
・睡眠時の環境が怖い夢を作る原因に
・血糖値が不安定だと怖い夢を見やすい
・ビタミンB6不足で怖い夢を見てしまう!?

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は 誰なのかを知ってみたくないですか?

あなたの心にそっと寄り添い、安心感を与えてくれる凄腕鑑定師が 悩みの根本と解決策を見出してくれる『マナ・タロット』が大好評です!

いつ、どこで運命の人と会えるかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

連記事