失恋に効く名言〜どん底にいるあなたに贈る5つの言葉〜

失恋に効く名言〜どん底にいるあなたに贈る5つの言葉〜
辛く悲しい失恋。失恋から立ち直るために、ヤケ食いしたりたくさん泣いたりと世の中には失恋から立ち直る方法がたくさんあふれています。しかし、その中で失恋を癒してくれる名言があるのをご存知でしょうか。失恋に効く名言は、すぐに効果があるものではないかもしれません。しかし、あったかい飲み物や漢方薬のようにきっとじわじわとあなたの心を癒してくれるはず。

最初は失恋に効く名言がピンと来なかったとしても、何度も目にするうちに心に染み渡るというパターンもあるため、まずはただ何も考えずに、文字を目で追ってください。今回贈る5つの言葉のうち、何かひとつでもあなたの心にひっかかるものがあれば、幸いです。

失恋の経験も、胸の痛みも決して無駄にはならないもの。失恋に効く名言の力を借りて、あなたのペースで立ち上がってください。では、失恋に効く5つの名言をお伝えします。



 

失恋に効く名言
〜どん底にいるあなたに贈る5つの言葉〜

 

涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。〈ドロシー・ディックス〉


失恋という事実。何をしていても、何を見てもただただ泣けてくる。日常の風景全てが好きだった人に直結しているかのようで、泣いても泣いても涙が枯れない。「泣いても何も変わらないのに」と思いながらも、泣くことをやめられないあなたに贈る失恋に効く名言がこちら。

失恋の涙は、無駄ではありません。視野を広くするために、今、たくさん泣いている。そう考えれば、泣いている自分をバカみたいだと思うこともなくなるはず。視野が広くなったあなたは、きっと新しい恋ができるようになるでしょう。この失恋に効く名言は、新しい恋への第一歩を夢見させてくれる名言でもあります。

 

外見をどうこうするよりも、たくさん傷ついて中身を磨いて、そうしたら滲み出てくるものがある。それが魅力というもの(マライア・キャリー)


失恋したのは、自分がキレイじゃなかったから。もっと美人だったら恋は上手くいっていたかもしれないと自分を卑下してしまっているあなたに贈る名言がこちら。失恋の原因を外見のせいにしていない?と、痛いところをつく名言でもありますが、それこそが失恋に効く名言と言われる点。本当にこれから大切にしていくべきことは、外見ではなく中身

この失恋に効く名言が心に染み込んだときには、もし仮に彼が外見重視の男だったなら「こっちから願い下げ!」と言えるようになるでしょう。そうでなかったとしても、きっと今度は等身大の自分で勝負できるようになるはず。今回の失恋をきっかけに、もっと素敵な自分になれる。そう信じさせてくれる名言です。

 

忘れたいものは絶対に忘れられないんです。(村上春樹)


失恋に効く名言として有名な、村上春樹さんの言葉。失恋すれば、相手のことを忘れたい!一日も早く忘れたい!と思うものですが、忘れたいと思うほど忘れられないジレンマ。この言葉は、失恋を経験した人なら誰でも納得するものではないでしょうか。

忘れたいと思うのは、実は忘れたくないから。忘れたいけれど忘れたくない、そう思えるような人と出会えたことを幸せだと感じる日がきっと来るはず。この失恋に効く名言は、未来に続く名言です。

 

人は所詮一人で生まれ、一人で死んでいく孤独な存在です。だからこそ、自分がまず自分をいたわり、愛し、かわいがってやらなければ、自分自身が反抗します(瀬戸内寂聴)


失恋という悲しみ。でも、誰もその痛みや悲しみを変わることはできません。友達や家族も愚痴を聞いてくれたり慰めたりしてくれても、乗り越えるのはあなた自身。瀬戸内寂聴さんの失恋に効く名言は、そんなあなたの痛みにそっと寄り添ってくれるものです。

これは、失恋は病気ではない。いつまでも甘えていてはいけないと、自分を突き放してしまうタイプの人にぴったりの名言。思いっきり悲しんだり、泣いたり、時には八つ当たりしたり、そんな時期もあって良いのです。

そう思えるようになり、自分をいたわれるようになったとき、きっとあなたは失恋から立ち直る一歩を踏み出せることでしょう。自分をいたわり、愛せるようになったときこそ、自分以外の人を愛せるようになるはず。

 

愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。( B.d.アンジェリス)


「失恋も良い経験」という言葉はよく耳にするものではありますが、失恋したばかりのときにそんなことを言われても!と、苛立ってしまうという人は多いもの。その言葉をもう少し噛み砕いた失恋に効く名言がこちらです。

失恋するまでの間に感じた気持ち、相手から受け取った思い、共に過ごした時間。それらは、もし彼を愛さなければそもそも何も得ることができないものだったという事実。失恋直後はもちろん悲しみが大きすぎて、そんなことを思う余裕などなくて当然ですが、少しずつ傷が癒えてきた時期にこそ、この言葉の重みを知ることになるでしょう。

失恋の痛みは愛したからこその痛み。しかし、愛さなければ喜びも幸せも、どきどきした気持ちも何ひとつ味わうことがなかったのです。その経験は、あなたを確実に大人にさせてくれているはず。失ったものの大きさを思うよりも、この恋で得たものをただ感謝し、次の恋に進みましょう。

 

いかがでしたか。失恋直後は、染み込んでこなかったかもしれない言葉も時間が経つにつれて、少しずつあなたの心を癒してくれているのではないでしょうか。今回ご紹介した言葉たちは、失恋に効く名言として数多くの人々を癒し、勇気づけてきたものばかりです。つまり、あなた以外にもたくさんの人が恋をして、そして失恋をし、そしてその痛みを克服して、新しい恋に向かっているというあらわれ。

失恋をしたときは、自分が世界で一番不幸かもしれないと思うほど辛い気持ちになることもあるでしょう。しかし、その気持ちも傷も、きっと少しずつ癒えていくはず。

「失恋を癒してくれるのは時間である」という言葉も、決して間違いではありませんが、時間が癒してくれるのと同様に失恋に効く名言もサプリメントのように少しずつあなたを力づけてくれることでしょう。前を向こうと思えたときには、ぜひ今回ご紹介した失恋に効く名言を役立ててください。

 

まとめ

失恋に効く名言〜どん底にいるあなたに贈る5つの言葉〜

・涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの。〈ドロシー・ディックス〉
・外見をどうこうするよりも、たくさん傷ついて中身を磨いて、そうしたら滲み出てくるものがある。それが魅力というもの(マライア・キャリー)
・忘れたいものは絶対に忘れられないんです。(村上春樹)
・人は所詮一人で生まれ、一人で死んでいく孤独な存在です。だからこそ、自分がまず自分をいたわり、愛し、かわいがってやらなければ、自分自身が反抗します(瀬戸内寂聴)
・愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。( B.d.アンジェリス)

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか教えてくれます。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。